ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

広告

広告

【マヅラ】バブリーと昭和レトロと御年98歳のマスターと【飲食店<梅田>】

広告

f:id:hyougonohanashi:20180914153305j:plain

 大阪駅ビルで予定があったので、少し早めに行って第一ビル(大阪駅ビルは1~4まであります。で、地下1,2階が飲食店とかがいっぱい集まってて上のフロアのビジネスマンとか遊びにきた人でにぎやか&昔から続く味のあるお店も多い)の「マヅラ」さんへ。

 1947年創業、大阪駅前の闇市の一角で営業されておられ、1970年に完成したこちらの駅ビルへ移転されたそうです。

 

 大阪で働いていたころは、駅ビル付近を担当していたこともありよくマヅラで一息ついてたなぁ。マヅラに限らずこのあたりは昔ながらの純喫茶の様相のお店も多かったのであれこれ顔を出していたのですが、やはりここは格別な雰囲気があります。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153122j:plain

 お店は通路のどちら側からも入れます。

 私はなぜか歩いてくるのがこちらのことが多いのですが、こちらは裏口になるのかな?逆側の入口がオススメ。

 御年98歳になられた名物マスターが入口横で立って、元気な「いらっしゃいませ!」(すごくキレが良い)を聞かせてくださいます(帰り際写真お願いしようかと思ったけど人が多くて恥ずかしくてできず。)

 入口横のオブジェが語るように、お酒も頂けます。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153114j:plain

 これ!

 いまだにコーヒー、ホットアイスともに250円で頂けます。

 大阪のこの立地でこのコスパのすごさ。

 ・・・と思って皆さんのブログなどを拝見していると「20年近くこの価格」と書かれているブログもあったので平成になってから価格変更されてこの価格!以前はいくらだったんだろう。またついつい皆さんのブログを見ているのですが、みなさん本当に愛が溢れる文章ばかり。お店の魅力がそうさせるのか。どれも読んでいて面白いので検索してみるのもオススメです!

 

 せっかくなので逆の入口側もチェックしてみます。f:id:hyougonohanashi:20180919134113j:plain

  こっちにも入口感がありますよね!

 こちらにもジョニーさん。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133626j:plain

 エレベーターを出て目の前です。

 

 こちら側のガラス面には昔からの写真が飾られているのでそれを見るのもマヅラを知るには大切な儀式です。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133636j:plain

 マスターの写真入りポスター。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133645j:plain

 大阪駅ビル建設中の写真なんかも見れます。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133655j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180919133704j:plain

 マスター若い!!!

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133714j:plain

 オープン当時の写真たち。

 驚くべきことに今とかわらない。

f:id:hyougonohanashi:20180919133546j:plain

 そういった昔の建築、装飾がそのまま残っていることから2017年には「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」にも。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914154213j:plain

 

【店内】

 

そして店内へ入ります。

f:id:hyougonohanashi:20180914153305j:plain

  店内。

 出ました。レトロ&バブリー。

 なぜマヅラが有名か、と言われるとやはりまずはこのバブル感満載の店内でしょう。

 真ん中にホール型のエリアがありソファでぐるりと。

 それを囲うように外側にもテーブルが並びます。

 宇宙船をイメージした設計ということで斬新。

 

 ビジネスマンが疲れを癒してたり、打ち合わせをしている、と思えば昨今の純喫茶ブームでしょうか、若い女性のグループがきていたり、クリエイティブな雰囲気のお洒落な男性たちが打ち合わせしていたり、多種多様。 

 

 そしてこの100坪を超える広さ。

 

 私は一人で訪問したので、画像右側に見えるタイプのテーブルへ。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153317j:plain

 メニュー。

 コーヒー250円にはじまり、紅茶も250円。

 ミックスジュース330円とかもう何十年前から価格とまってるねん、です。

 軽食もあるので、厳密には「純喫茶」といえないのでしょうが、まあそんなことはどうでもいいじゃないの。マヅラはマヅラなのよ。という圧倒的な存在感です。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153327j:plain

 メニュー裏側。

 テーブルについてのお願いが書かれています。

 「4人用テーブル」は一人で使うときはプラス500円、二人で使うときはプラス300円。など。

 駅前の高い家賃をまかなっていくために、なるべくお客様に負担をかけないでいこうという心意気。すごい。

 パソコン作業等は避けてくださいとのこと。そういうのはマクドとかWi-Fi環境が整っていて「どうぞ」な雰囲気のところへ行きましょう。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153201j:plain

  昔ながらのお店だけに、ばっちり喫煙OK。

 いまどき貴重ですよね、きっと駅ビル地下にはいっぱいあるんでしょうが。

 

 

  ぼんやりと店内を見渡しているとコーヒー到着。

f:id:hyougonohanashi:20180914153142j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180914153151j:plain

 

 ミルクも入れてみます。

f:id:hyougonohanashi:20180914153209j:plain

 

 ちなみにテーブルに置かれる伝票。

f:id:hyougonohanashi:20180914153237j:plain

 改めて250円安いなあ。

 

f:id:hyougonohanashi:20180914153256j:plain

 そんなことを思いながら天井を眺める。

 このぼこぼこなんなのかしら。

 ライトのぼこぼこと別の模様。

 不思議やなー。

 

 f:id:hyougonohanashi:20180914153246j:plain

 ぼこぼこ。

 「宇宙船をイメージした設計」ということなのでクレーターをイメージしているってことなのかしら。

  

 ちなみに。

 現在マスターは御年もあり12時から18時にお店におられることが多いようです。

 夜に来られるとおられないのでご注意を。

 

 98歳でその時間店頭に立たれていることがすごいですけどね、ほんと。

 2代目も3代目もおられるようですのでまだまだ歴史は続いていくお店かと思います。そんなところも素敵。

 

 機会があればぜひ足をお運びくださいませ!

 

【その他】

 せっかくなので画像ペタペタしておきます。

f:id:hyougonohanashi:20180919133454j:plain

 「大阪駅ビル」といっても第一ビルはほぼ「北新地」です。

 北新地駅の改札を出ると目の前は第一ビル。

 ビルの入口にはどどん!とマヅラさんの看板が出ております。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133517j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180919133527j:plain

 f:id:hyougonohanashi:20180919133538j:plain

 駅ビルは長く続くお店から最近新しく出店されたお店まで多種多様なんですが、第一ビルは比較的長く続くお店が多いのかな。

 オフィス街にあることもあり、どのお店もサラリーマンたちが一杯やっておられます。にぎやかで雰囲気があるエリアです。

 ちなみに北新地駅から、駅ビルに入ったところはB2Fになりまして、マヅラはB1Fなので1フロア上へあがる必要があります。

 たぶん第一ビルってエスカレーターあるのかしら?ということでよくわからずエレベーター待つのも面倒なのでいつも階段をのぼっています。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133616j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180919133558j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20180919133606j:plain

 マヅラの横手にあるお店。

 こちらにもジョニーさん。

 あれ?ここにもジョニーさん??

 ということでこちらは「マヅラジョニーウォーカー」と駅ビルのホームページに登録されています。(看板には違う名前が見えますが)

 お店には入ったことないのですが「アナタにピッタリのお店」というフレーズ、手描きがすぎる看板が堪らなくくすぐってきます。

 いつまでもこのままでいてほしいなぁ。

 

 マヅラでのお酒飲めますが、機会があればこちらのお店もいかがでしょうか。

 

 

 

取材依頼、撮影依頼、ご意見等、下記よりお問い合わせお待ちしております。 

www.hyogonohanashi.com

 

スポンサーリンク

広告