ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

広告

広告

【下品なぐらいダシのうまいラーメン屋都島店】全然下品じゃない、上品な飛魚出汁を楽しませて頂きました【飲食店<都島>】

広告

f:id:hyougonohanashi:20190210202304j:plain

 都島に出来た「下品なくらいダシのうまいラーメン屋」さんがよく耳にはいる評判具合でしたので訪問してみました。

 

 訪問してから知ったのですが、必死のパッチ製麺所やENISHIなどを運営される「株式会社 お客様みなさまおかげさま(OMO)」さんの運営でした。そう思うと店名もスッキリ。

 

 そして様々なインパクトあるメニューから初回ということで、お店の定番、意外にも上品なお出汁のようなスープのラーメンを頂いてきました。

 

 店名で「癖強そう」と嫌悪感を持たれているかたもぜひ一度ご覧くださいませ!

 

 f:id:hyougonohanashi:20190210202654j:plain

 大阪メトロ谷町線都島駅を降りて南北の筋を南へ少しだけ歩きます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202706j:plain

 斜め前にはま寿司、すき家などが見えるあたり。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210195855j:plain

 どん。

 下品なぐらいダシのうまいラーメン屋。

 「下品なほど煮干味」の看板を掲げる三宮の我流本舗を思い出します。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202605j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190210202617j:plain

 麺大盛り無料。

 店先でメニューの確認も出来ます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202642j:plain

 「必死のパッチで営業中」。

 ここで「あれ・・・??」と思った次第。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202629j:plain

 そしてこの「レッチリまぜそば」というネーミングのセンス。

 これも美味しそうやなー。

 

 いざ店内へ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200600j:plain

 奥に向けて長く続くカウンター席たち。

 

 僕は入口近くに着席。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210195947j:plain

 メニュー。

 えらい個性の違うラーメンがいっぱいあるがな・・・どないしよかな・・・と悩んでいるとスタッフさんが水を運んできてくれてすごく丁寧にメニューを説明してくれました。

 ちょいとやんちゃな感じの若い子たちなのに、隣に膝をついて座って「うち初めてですか?」と。「うんはじめて」と伝えると「じゃあ一通りうちのメニュー説明させてください」と説明してくれました。すごい。めちゃくちゃ好印象。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200417j:plain

 こちらのお店にはふたつのメイン商品があるらしくそのひとつがこちら「飛魚だしそば」。「下品なぐらいダシがうまい」お店なんでてっきりめちゃくちゃ魚介感あるのかと思ったらこちらのラーメンは「さっぱり派」とのこと。「濃いめ」ってのもあります。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200436j:plain

 もうひとつの主役がつけ麺。

 僕もこの「ブルーチーズソースつけ麺」がめちゃくちゃ濃厚で癖が強い、という噂は耳にしておりました。こちらが「濃厚魚介」。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200511j:plain

 煮干しまぜそば、アジニボシソバも。

 鯵のほう「下品なぐらい鯵の煮干し」って。あらためて「下品なくらい煮干し味」の我流本舗を思い出す。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200531j:plain

 からあげも。日本唐揚協会認定カラアゲニストが作る唐揚げってことで美味しそう。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210195937j:plain

 そんな唐揚げも食べれるセットもあれこれと。

 学生はごはん3種が無料!!

 「たかなマヨ丼」なんか230円もするのに無料。

 めっちゃええやん、学生さん。

 

 訪問日は、前日まで濃厚なラーメンが続いていたこともあり、あっさりしたの食べたいなーと思い「飛魚だしそば」を注文。 

 

 ではラーメンが届くまでキョロキョロしてみます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210195914j:plain

 つけ麺はもっちもちがウリ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210195924j:plain

 つけ麺は茹で時間に約10分かかります。

 なかなかの太麺なんでしょうか。「胸をドキドキさせてお待ちください」が大阪ぽい。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202452j:plain

 アンケート。

 褒めてあげてくださいませ。

 

 ううむ、キョロキョロしてるだけでほっこりします。

 

 上を見上げると・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200546j:plain

 煮干しの粉末が販売されてる!!

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202536j:plain

 こっちにも。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200641j:plain

 ショップカードとリーフレット発見。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200650j:plain

 麺大盛り無料。あ、もちろん私も大盛りに。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200705j:plain

 リーフレット。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200718j:plain

 あ、島田製麺食堂、必死のパッチ製麺所、だしと麺、ONS、ENISHI・・・ずらずらと並ぶ有名店の名前。この系列やったのかーと、入口から感じていたモヤモヤがスッキリ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200729j:plain

 読んでるだけで熱くなってくるものがあるメッセージたち。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202242j:plain

 あ、ティッシュはカウンターの上に座しておられます。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202304j:plain

 色々物色しているとラーメン到着!!

 ・・・さすがにバランス最高じゃないですか!?チャーシューの大きさ、具材の三重具合などなど。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202319j:plain

 美しい。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202337j:plain

 ちょろっと乗せられたとろろ昆布。

 可愛いし、このバランスに綺麗に乗っているのが丁寧に盛り付けてくれてるんだろうなぁという気持ちになる。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202353j:plain

 飛魚だし。澄んだ色でもどろどろの色でもなく、あっさり魚介スープ感がある。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202407j:plain

 あっさり。優しいお味。魚介の味はしっかり出ていますが「濃いめ」でもよかったかも。「下品なぐらい~」の名前からの先入観でベースが濃いめかと思ってたら普通に上品な味のスープ。このままうどん入れても美味しいんちゃうか、みたいな味。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202437j:plain

 平打ちの中太あたりの麺。

 適度にだしが絡んで良い感じ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210200628j:plain

 魚介八味。こいつも加えて味に変化を与えてみましょう。

 

f:id:hyougonohanashi:20190210202519j:plain

 どん。

 スープにアクセントが出てこれも良い感じ。

 

 店名でさけておられるかた!

 お味も上品、接客、オペレーションも素敵なこちらのお店いかがでしょうか。

 最近都島駅周辺は次々と魅力を感じるラーメン屋さんがOPENしていて激戦区の様相ですが、他の店と比べるとこちらのお店は駅からはお店が少ないエリアに向かう道沿いにある、車の通行量も多くて路上駐車も出来ない、などの立地なので比較的並ばずに入りやすいお店になりそうな気がします。

 

 次はブルーチーズソースつけ麺にチャレンジ!!

 

 

 そして。

 三宮、「下品なぐらいに煮干し味」の我流本舗。

 

 

スポンサーリンク

広告