ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

広告

広告

【芦田屋】宇和島チャンポン!ストライク軒の店主の新たな業態とのことで突入してみました!【飲食店<梅田>】

広告

f:id:hyougonohanashi:20180930082632j:plain

 大阪駅前第2ビルにてランチを。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082455j:plain

 違うお店に行くつもりだったのですが偶然前を通り「あれ?こんなお店あったかなー」と立ち止まる。そして「芦田屋・・・なんか聞いたことある名前やなぁ・・・」と記憶をたどる。「あ、知人がSNSであげてたんや!ストライク軒の方が新しくOPENされてお店や!」と。

 天満のストライク軒は僕の中の、現在ダントツでランキングNO.1のラーメンです。

 

f:id:hyougonohanashi:20180919163627j:plain

 これ、シンカーも美味しいけどストレート最高。

 まだブログにしてないなー。近々。

 

 2018年5月にOPENしたばかりのお店とのこと。

 そんなお店とあっては行かねば!

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082438j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180930082701j:plain

 「大阪トンテキ」の隣、と言えばピンとくる方も多いかも、です。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082651j:plain

 店頭の券売機でチケットを購入してからの入店になります。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082446j:plain

 季節メニューもされておられるようです。

 今回は初回訪問なので、チャンポンと宇和島のしらすを使ったごはんを注文。

 

 なんで宇和島なんだろう、なんで宇和島でチャンポンなんだろう、とは思ったのですが、ストライク軒の店主が「芦田」さんという方らしく、それで「芦田屋」で、ご出身が宇和島とのこと。すっきりー!!いや、ちゃんぽん、てチョイスはまだ解決出来てないかー。

 「宇和島 チャンポン」で検索しても特に宇和島に根付いた食文化という感じでもなく、老舗の「菊屋」さんってお店ばかりHITします。

 そちらがイリコをメインにしたスープのようでビジュアルも芦田屋さんに近い。創業明治10年、130年の歴史、とのことで「宇和島を代表するチャンポン」ってことなのかなー。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082528j:plain

 店内はカウンター席がメイン。

 奥にテーブルもあるようでした。

 

 カウンター越しに調理を眺めることが出来ます。

 

 お水は最初の一杯は持ってきてくださり、おかわりは店内奥でセルフ、とのことでした。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082505j:plain

 センチセットを注文すると生卵が無料に!

 私はチャンポンと単品のごはんを頼んだので、該当せず。

 無念です。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082512j:plain

 オーダー麺、スープも3種こだわりのスープ。

 麺:オリジナルブレンド、北海道産厳小麦だけを使用。

 スープも、それぞ愛媛の地鶏、醤油など地元のものを使用しつつ、そこにこだわりすぎず土佐の塩、三重の蛤、利尻昆布など幅広く、納得がいったのであろう素材を使用されておられるよう。

 期待が高まります。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082538j:plain

 これってなんですか?イタリアンみたい。

 使い方、どのメニューに合うやつか不明。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082520j:plain

 

 こちらの醤油は安芸の「坂田醤油店」さんのもの。

 

 個人的には四国といえば香川の鎌田醤油さんが印象強いです。

 ずばりあっちに行った人がかけ用の醤油をお土産にくれることが多いから、というのが理由ですが。

 

[Amazon発送]鎌田醤油 うどんつゆ [かけ用] 900ml(瓶)

[Amazon発送]鎌田醤油 うどんつゆ [かけ用] 900ml(瓶)

 
鎌田醤油 だし醤油 500ml 紙パック 1個

鎌田醤油 だし醤油 500ml 紙パック 1個

 

 

 

【しらす丼】

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082546j:plain

 まずはしらす丼到着。 

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082554j:plain

 うん、美味しそう。しらすは正義。

 でも、、、これで300円するんですよね、、、

 ごはんの上に一つかみ程度のしらすで。

 正直これは高いなーと思った。

 普段、神戸で淡路のしらすを食べる機会が多いからかなー、あっちはフードマイル的な利点もあるんでしょう、ランチのセットで300円ならお米なんか見えないくらい盛ってこられる。

 距離に伴うコスト的なものもあるだろうし、漁獲量がどの海も年々減少するなか「安く食べさせろー」とは声を出しにくい現状なので、これが適正価格なのかなー。

 でも個人的にはがっくし。せっかく宇和島のお店やし、とチョイスしたけど普通にセットにしとけばよかったー。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082603j:plain

f:id:hyougonohanashi:20180930082612j:plain

 安芸の坂田商店店さんのお醤油をかけていただきます。

 うん、美味しい。それは間違いない。

 だからこそ!!もっと一杯しらす食べたいよー!!

 

【チャンポン到着】

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082621j:plain

 ちゃんぽん到着!こちらノーマル仕様で680円也。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082632j:plain

 ご覧のとおり、綺麗な透明感のあるスープ。あっさり塩味。

 ちゃんぽんって長崎、というか私みたいなもんは「リンガーハット」のイメージがあるのでもっと白いスープかと思ってたので意表を突かれる。一瞬「あれ?間違えてオーダー通ってる?」と戸惑ってしまうほど。

 見た目の通り、あっさりとしつつ、ちゃんと具材の旨みが溶けこんでいるのでしょう、奥深さは十分に感じることのできるスープ。

 これ、飲み会の〆とか二日酔いの日に食べたらめっちゃ美味しいやつやなー。

 

f:id:hyougonohanashi:20180930082642j:plain

 中太、コシもあって食べ応えのある麺でした。

 

 ちなみに隣のかたが、通常のランチセットを頼まれていたのですが、「鰹節食べ放題」ということでお椀にてんこ盛りの鰹節がサーブされていました。

 うわー!あれ食べてみたいなー!とちらちら盗み見る。

 

 人それぞれの感覚のところなのですが、僕は今回のしらす丼を高いと感じてしまったので次回訪問時はあの鰹節食べ放題にチャレンジしてみたい!!

 

 あっさりしたスープが好きな方にはお勧めのお店です。

 興味ある方はぜひ!

 

 

取材依頼、撮影依頼、ご意見等、下記よりお問い合わせお待ちしております。 

www.hyogonohanashi.com

 

 

スポンサーリンク

広告