ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

広告

広告

【PUPU】煙草屋×ドーナツ店!揚げない!焼く!ドーナツは素朴だけど深みがあって大満足【飲食店<東三国>】

f:id:hyougonohanashi:20190118023052j:plain

 ドーナツはいつでも美味しい。

 日本へは1971年にミスタードーナツとダンキンドーナツが上陸して以来50年弱(ダンキンドーナツは1998年日本市場撤退)、いまや専門店が乱立するほどのジャンルとして確立されています。

 

 お洒落なドーナツ店、昭和を感じさせる素朴なドーナツ店、色々な味わいがありますが、今回は大阪の東三国で見つけたドーナツ店をご紹介させていただきます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023256j:plain

  大阪メトロ御堂筋線、東三国駅から西側へ出た商店街を歩いていました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023243j:plain

 すると、むむ、なにやら「焼きドーナツ」という文字が・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023233j:plain

 焼ドーナツのププ。おぉドーナツ売ってるわ。ソフトクリームの看板とのぼりも出てるわ。

 でも。。。そのすぐ下に「たばこ」って書いてるやん。

 

 どうも、お店の左半分がたばこ屋、右半分がドーナツ屋さん。

 中を見ると、仕入を売ってるだけでなくちゃんとここで作られているようです。

 ご年配の男性が店内におられます。

 「煙草×ドーナツ」、僕の頭の中では東京で話題の「ランドリー×喫茶」で知られる喫茶ランドリーと同じ異業種コラボのお店を感じさせます。 

kissalaundry.com

 

 こりゃあ面白いね、と立ち寄ってみました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023306j:plain

 ショーケースの中にはいろんなドーナツがずらり。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023318j:plain

 たかじんの番組にも取り上げられたのかしら。聞き忘れてました。

 プレーンは140円、それ以外は150円、といった手に取りやすい価格です。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023330j:plain

 人がいないときは呼出してね、とのこと。僕が訪問したときは店内におられたので押すこともなく。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023339j:plain

  せっかくなのでいくつか購入してかえりました。

 

【食べるぞー】

 

f:id:hyougonohanashi:20190118022939j:plain

 プレーン、アールグレイ、ココアを購入。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118022949j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190118022956j:plain

 「製造」もあちらのお店になっていました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023007j:plain

 子どもたちにみつかったら写真を撮影するまもなく食べられるだろうな、ということでアールグレイだけ先にいただきました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023023j:plain

 おぉ。もっちり。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023052j:plain

 意外と食べ応えがありそうな雰囲気。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023100j:plain

 美味しい!焼いているので油がないので、あっさりしていてドーナツ本来の味のようなものが感じられます。

 生地にアールグレイが練りこまれていて、ベルガモット香料(天然)をブレンドした茶葉が加えられているってことで香りも上品。

 クリームをべたべた塗ったり入れたりしていないので素朴なお味ですが、上記のように手間をかけて生地を作られているから味に深みがあり。紅茶か珈琲があればエンドレスで食べれる味。

 

f:id:hyougonohanashi:20190118023222j:plain

 中もぎゅうぎゅう。おいしー。

 

 正直タバコ屋さんが片手間にやってるドーナツ店ということで半信半疑だったのですが、これは大満足!!

 残りも子どもたちと頂きましたが、好評でした。

 東三国に行ったときはまたお土産にします!

 

tabelog.com

 

店名 PUPU 東三国店 (ププ)
ジャンル ドーナツ、アイスクリーム
予約・
お問い合わせ

06-6393-0072

予約可否  
住所

大阪府大阪市淀川区宮原5丁目3-40

交通手段

御堂筋線東三国駅5番出口から徒歩3分。

東三国駅から212m

営業時間

11:00 〜 21:30

日曜営業

定休日

不定休

予算(口コミ集計)
[昼]~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

 

 

 

【淡路散策②】駅を出て左側はディープな気配のお店から有名ラーメン店まで【エリア<淡路>】

 

f:id:hyougonohanashi:20181124220041j:plain

【はじめに:JRと阪急の違い】

  個人的に最近頻繁に阪急電車の利用をするようになりました。

 そこで気になっていたのがこれまで「通過駅」でしかなかった「淡路」という駅の存在。

 

 同じく大阪から京都にも神戸にも行けるJRと阪急。

 個人的に「ここが違うなぁ」と感じるのが

 

 JR→京都(なんなら滋賀)から大阪を通過して神戸、姫路まで直通で行ける(電車によっては赤穂まで)

 阪急→大阪から京都、大阪から神戸、とわかれていて京都から神戸へ直通で行けない

 

 という点。JRのほうが一見便利そうなんですが、この「走行距離が長い」ことが「どこかで事故があるとすべてに影響する」ということで、JRの遅延の多さに繋がっていると思います。でも乗り換えしなくてよいので、読書もはかどる、睡眠もはかどる。便利。一長一短。

 

 阪急は京都、神戸それぞれから終点梅田まで出てももちろん乗り換えできるのですが、その手前の「十三」がハブとなる駅としてよく知られているかと思います。

 でもですね、もうひとつ京都寄りの「淡路駅」も快速まではとまるし、大阪メトロ堺筋線も天下茶屋から繋がっているハブ駅なのです。

 

【淡路のことを全然知らない】

 

 ここ最近の個人事情によって急遽気になり始めた淡路駅。

 地元の方には大変失礼なのは承知ですが、これまで「淡路」ときくとまず兵庫県の淡路島を思い浮かべてしまうような僕。

 「淡路に新店が出来るらしい」と聞くと「え?なんで急に淡路島に??」なんてなってしまうくらい「淡路」に縁がなかった僕。

  いったいどんな街なんだろう、せっかく淡路を利用するのだから知ってみたい、と駅前をぶらぶらした画像を貼り付けていきます!

 今度淡路で飲むときの備忘録も兼ねている感じで画像をペタペタしていくだけのブログですが、同じく「淡路ってどんな街かしら」という方の参考になれば。

 さすが十三、西中島と並んでいる立地。ええ感じの居酒屋がいっぱいで楽しそうな町でしたよー。

 

 画像が多かったので今回の「商店街の左側編」、他に「商店街&商店街抜けたところ編」「商店街の右側編」と3つにわけてブログあげさせていただきます!

 

www.hyogonohanashi.com

 

 

 

【まずは駅の改札を出て左側を眺めた風景からスタートします】

 

 改札を出て最初に左を見たときの風景がこちら。

f:id:hyougonohanashi:20181124224606j:plain

 

 「ううむ、あちらはチェーン系のお店が並ぶエリアかな」と、もっと「ディープ淡路」を知りたい僕は「左側エリアは後回しにしよう」と商店街へ移動したのですが。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124224549j:plain

 右側が当初進む予定だった商店街(明るい)

 商店街の入り口でいきなり斜め左側へすすむ側道が。

 商店街が入口にあるマクドナルドに続きチェーン店が多そうな雰囲気であったことと、こちらからだと左側エリアの先に「ディープ淡路」を感じさせる明かりが覗いていることから、まずはこちらから散策することに決定!

 

・呑み処家庭料理おんどる

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215704j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124215721j:plain

 右手にはいる道を進んで最初に出会った居酒屋。

rubese.net

  こちらのお店、インターネットでは上記リンク程度しか見つけれなかったのですが、全国には同じ店名のお店がちらほらありまして、どちらも韓国料理を提供されているお店。「温鶏=オンドリ、で焼き鳥が美味しいお店やったり・・・」と妄想していたので大外れ。ハングルなのかー、と調べると「床暖房」という意味らしい。意訳みたいなものも特に見つけれなかったので「家におるみたいにあったまっていってよ」てことなのかしら。特に記載はないし情報も見つけれなかったのですが韓国の家庭料理なのかしら。

・お地蔵さん

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215734j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124215748j:plain

  そしておんどるの前にはお地蔵さまが。

 横を見ると。

・地蔵市場

f:id:hyougonohanashi:20181124215803j:plain

 商店街側はシャッターが降りていた皆様のお台所「地蔵市場」です。

 こちらも店舗はシャッターしまってますが通り抜けは出来るようになってました。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215819j:plain

日中はこのシャッターがあいていて、商店街側にも繋がっているんじゃないかと思う。

 

 ・麺や輝

f:id:hyougonohanashi:20181124215834j:plain

 そんな地蔵市場、足元に小さく看板のようなものが。

 「麺や輝」やん!以前大阪で働いていたときは吹田のお店にはたまに行ってたよ!こんなところに隠れ家のようにお店あったのかーと矢印の方向へすすむ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215847j:plain

 普通にさっきのお地蔵さんの横を左の道に進んだところに出た・・・ぐるっとしただけ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215903j:plain

 市場の入口にお店。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124215917j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124215933j:plain

 

retty.me

 麺や輝好き。あぁ長いこと食べてないなー食べたくなった。このときはおなかいっぱいだったので断念。

・なかの食鶏

f:id:hyougonohanashi:20181124215949j:plain

 

nakanoshokkeiawaji.owst.jp

 十三にもお店があるそう。

 名古屋コーチンを焼肉みたいに自分で焼いて食べれたり、鶏のすき焼き、しゃぶしゃぶなんかもあるよう。最大55人の宴会も対応できるとのことで中規模で淡路で宴会をする際にはちょうど良いですよね(中規模の宴会ならナショナルチェーンで宴会予約されるとちょっぴり残念、地元で愛されるお店に行きたいタイプの人間の勝手な意見)

 

・や台すし

f:id:hyougonohanashi:20181124220003j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220013j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220054j:plain

  おぉや台ずしが。いろんなところで見かけますが入ったことないんです。

yossix.co.jp

 

tabelog.com

・世界が麺で満ちる時

f:id:hyougonohanashi:20181124220028j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220041j:plain

  や台ずしの隣にはきました!!

 「世界が麺で満ちる時」。

 大人気店「人類みな麺類」から独立されたこれまた人気店。

 名前は知ってたものの、場所知らなかったのでお店見つけて一人でテンションあがりまくり。おなか膨れてるけど食べようかな・・・と悩んでしまいました。

 店内はB'zが流れて、メニュー名も「ALONE」「オレンジファントム」など曲名からつけられています。

 毎月第2,4月曜日がお休みなのと、毎日15時から18時が休憩ということなので覚えておこう。

retty.me

 

f:id:hyougonohanashi:20181124220103j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220120j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220134j:plain

  店名がわかる画像がなかったけど、レトロな看板などをつけていますが、たぶん最近のお店。

・炭火焼鳥 心

f:id:hyougonohanashi:20181124220149j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220201j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124220218j:plain

  お店の外観の雰囲気も良いしタペストリーなども設置場所、内容などわかりやすくされているなぁと思っていたのですが、かなりの人気店のよう。

 どうしても、なら予約をしておいたほうが良いみたい。

 接客も高評価で淡路の焼き鳥屋さんランキング妄想部門でTOPにランクインしました。

 

tabelog.com

 

・お好み焼 土いやん

f:id:hyougonohanashi:20181124223615j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223627j:plain

  おぉ、これまた歴史がありそうな・・・と思ったら2018年3月頃にOPENしたばかりのよう。

 昔風お好み焼きっていう、混ぜないお好み焼きをされているそうです。

higashiyodogawaku.goguynet.jp

 

・スナックビル?

f:id:hyougonohanashi:20181124223647j:plain

 最初に画像右下すなっくの看板が見えたので「お、ここはスナックがずらーっと入ってるビルかな」と思って近寄ったら、1階はいってまずは歯医者さん!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124223709j:plain

  なんやこのビル、と看板を見るとすなっく、カラオケ喫茶から、歯医者、理容店、おまけにオフィスまで。これぞ雑居ビル。味わい深いなぁ。

・居酒屋鉄板焼き かっぱ

f:id:hyougonohanashi:20181124223721j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223730j:plain

  出た・・・雰囲気バツグン。

 意外と広いのかカウンターだけでなく、お座敷もあるよう。

 外観からイメージできるような居酒屋さんって感じでしょうか。定食やカレーも用意されています。

tabelog.com

 

・お好み焼 さが

f:id:hyougonohanashi:20181124223743j:plain

  これまた味わい深いお好み焼き屋さんが・・・

 食べログ、Rettyに登録されていましたがどちらも外観の写真が1枚登録されているだけで店内や料理のイメージはつかめず。

 でも気になるお店ですな・・・

tabelog.com

 

・天割烹そば はるな

f:id:hyougonohanashi:20181124223756j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223809j:plain

 おぉめっちゃ良い雰囲気。けど高そう・・・

 と思わせながらリーズナブルやった。十割そばはミニサイズながら400円台から。

 天ぷらはじめ一品もだいたい500、600円台。

 ホームページの写真がどれも綺麗で美味しそう。

 カウンターで、イメージ通りの綺麗なお店なんで、酔っぱらって騒いだらアウトなお店なのでしっぽりと食べ物を味わいつつお酒飲みたいときに思い出そう。

 

www.tenkappou-soba-haruna.com

 

・吟醸バー 石橋

 

f:id:hyougonohanashi:20181124223823j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223836j:plain

  ほほー、なにやらダンディな日本酒ソムリエみたいなダンディなかたがいそうなお店。と思ったら日本酒好きのママが切り盛りされているカウンターのお店なのだとか。日本酒も週替わり?随時入れ替わっているようで、ブログを書かれている方のアップされている画像を見ていると、日本酒の知識が主に兵庫県に偏っている僕には見慣れないけれど素敵な雰囲気のラベルの日本酒の画像たちがズラズラと。

 女性一人でも通いやすいお店のようです。

 これまた要チェック。

tabelog.com

 

 

・スナックビル

f:id:hyougonohanashi:20181124223846j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223856j:plain

  入口にからはエレベーターしか見えない怪しげなビル。

 中はスナックなどが入ってるみたい。

 こういうところに行きつけのある大人になりたい。

 

・おかんの手料理 ふる里

f:id:hyougonohanashi:20181124223911j:plain

 

 ゴルフ好きの浪速のおかん!て感じの女将さんが切り盛りされているらしいお店。

 お料理も美味しそう!

 したのブログがイメージわかりやすかったです。  

ameblo.jp

・カラオケ憩カフェ あわわ

f:id:hyougonohanashi:20181124223935j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223946j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124223956j:plain

 「あわわわわ・・・」とついつい口ずさんでしまうカフェあわわ。

 正解は「淡路の輪(あわじのわ)」を略して「あわわ」。

 カフェ、とついていますし内装もカフェっぽいカウンター席ですが、お店の奥にはモニターがついていて、みんなでカラオケを楽しむのがメインのお店のようですね。

 

・一品料理 多津

f:id:hyougonohanashi:20181124224005j:plain

  こぎれいな「小料理屋」の感じなのですが、ネットを見ると「バイキング定食650円」と。ごはんおかわりも自由。11時半から13時半と限られていますがめちゃくちゃお得やん!

 ネットで見ると女将のキャラが強いようで、それが人気で夜もかなりにぎわっているようです。

 まずはお得なランチにきてみたい。

 

 食べログが「掲載保留」ってなってるけどどういうことなんですかね。

tabelog.com

 

・ハルエモン 

f:id:hyougonohanashi:20181124224017j:plain

 出た、これまたパ〇リ感満開のお店が・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20181124224027j:plain

 わお。ディープ。韓国料理。

 家に入るかのように入口はいって靴を脱ぐみたいです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124224039j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124224050j:plain

  こちら、チヂミやホルモンがかなり安くボリュームもあって美味しいそうです。

 これぞディープ淡路、な気配が漂うお店。ここもわざわざ足を運んでみたいお店ランキングに入りました。

tabelog.com

・スナック メリー

f:id:hyougonohanashi:20181124224314j:plain

  なんでこの画像を撮影したのかと謎ですが、画像あったので・・・

 ハルエモンの斜め前、次に紹介する藤久のおとなりさん。

 あぁ、たぶん「❤」が可愛いと思ったんだな。

 

・おんがく居酒屋 藤久

f:id:hyougonohanashi:20181124224330j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124224342j:plain

  なにこれ、めっちゃ楽しそう。

 「音楽酒バー」って店名かと思いましたが「おんがく居酒屋 藤久」という店名が正解のようです。

 店主のお名前が「藤久」かと思いきや熊本の焼酎の名前だそう。ご出身なのかしら。

 店舗でもライブを定期的に開催されているそうで、店主自身も音楽をされていて高槻ジャズストリートなどにも出演されているそう(その日はお店はお休み)。

 音楽好きなので、ぜひ2軒目で立ち寄ってのんびりお酒を飲みながら音楽を楽しみたいな、淡路で飲むときは。 

www.fujikyu-awaji.info

 

・都寿し

f:id:hyougonohanashi:20181124224351j:plain

  都寿し。

 これまた食べログなどには登録されていないお店。

 下のリンクを見る限り、昔ながらのお寿司店という感じでしょうか。

 こういうところ、素朴ながらも手間をかけてて美味しかったりしますよね。

www.sushiten.com

 

・二代目ぼん太

f:id:hyougonohanashi:20181124224402j:plain 

f:id:hyougonohanashi:20181124224415j:plain

 こちら二代目ぼん太、ネットでも記事がみつかったりなかなか有名なお店のよう。

 もともとぼん太というお店があり、現在の店主のご両親が生前最後に食べたいとおっしゃられていたほどのお店だそう。現在の店主が飲食店をしようと考えているタイミングでぼん太が店を閉じようとされているのを知り、引き継いだそう。

 なかなか魅力的なストーリーで伝統の味と、若い世代の新しい感性。ここも非常に気になるお店です。

higashiyodogawaku.goguynet.jp

 

・宝来市場

f:id:hyougonohanashi:20181124224428j:plain

  商店街側に入口があった宝来市場。

 こちらからも入れるみたい。

・喫茶 トーホー

f:id:hyougonohanashi:20181124224509j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124224521j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124224534j:plain

 昔ながらの喫茶店感全開のトーホーさん。

 前回の商店街を歩いたブログで紹介させていただいた映画館「淡路東宝」の隣にあります。映画館が昭和30年代OPEN、同じくらいの歴史があるお店ということなので50年以上営業されているみたいです。

 映画館があるときは、映画を見終わった人たちが感想を言い合ってたりする景色があったのだろうか、と想いを馳せます。

 間違いなくのんびり出来るお店ですよこれは。 

tabelog.com

f:id:hyougonohanashi:20181124224456j:plain

  ここから商店街に戻ったので、「商店街の左側」エリアのまとめはこれにておしまいです!

 商店街入ってすぐ右手が映画館の入口でした。

 

  さあ後は「商店街の右側エリア」編です。

 

www.hyogonohanashi.com

 

【淡路商店街①】阪急淡路を知りたくてうろうろしてみた!画像をずらずらと【スポット<大阪・淡路>】

f:id:hyougonohanashi:20181124195621j:plain

 個人的に最近頻繁に阪急電車の利用をするようになりました。

 そこで気になっていたのがこれまで「通過駅」でしかなかった「淡路」という駅の存在。

 

【はじめに:JRと阪急の違い】

 

 同じく大阪から京都にも神戸にも行けるJRと阪急。

 個人的に「ここが違うなぁ」と感じるのが

 

 JR→京都(なんなら滋賀)から大阪を通過して神戸、姫路まで直通で行ける(電車によっては赤穂まで)

 阪急→大阪から京都、大阪から神戸、とわかれていて京都から神戸へ直通で行けない

 

 という点。JRのほうが一見便利そうなんですが、この「走行距離が長い」ことが「どこかで事故があるとすべてに影響する」ということで、JRの遅延の多さに繋がっていると思います。でも乗り換えしなくてよいので、読書もはかどる、睡眠もはかどる。便利。一長一短。

 

 阪急は京都、神戸それぞれから終点梅田まで出てももちろん乗り換えできるのですが、その手前の「十三」がハブとなる駅としてよく知られているかと思います。

 でもですね、もうひとつ京都寄りの「淡路駅」も快速まではとまるし、大阪メトロ堺筋線も天下茶屋から繋がっているハブ駅なのです。

 

【淡路のことを全然知らない】

 

 ここ最近の個人事情によって急遽気になり始めた淡路駅。

 地元の方には大変失礼なのは承知ですが、これまで「淡路」ときくとまず兵庫県の淡路島を思い浮かべてしまうような僕。

 「淡路に新店が出来るらしい」と聞くと「え?なんで急に淡路島に??」なんてなってしまうくらい「淡路」に縁がなかった僕。

 

 

 いったいどんな街なんだろう、せっかく淡路を利用するのだから知ってみたい、と駅前をぶらぶらした画像を貼り付けていきます!

 今度淡路で飲むときの備忘録も兼ねている感じで画像をペタペタしていくだけのブログですが、同じく「淡路ってどんな街かしら」という方の参考になれば。

 さすが十三、西中島と並んでいる立地。ええ感じの居酒屋がいっぱいで楽しそうな町でしたよー。

 

 画像が多かったので今回の「商店街&商店街抜けたところ編」、他に「商店街の左側編」「商店街の右側編」と3つにわけてブログあげさせていただきます!

  

 

【駅前より】

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195630j:plain

 阪急淡路駅前。

f:id:hyougonohanashi:20181124195621j:plain

 

  改札を出て右を見ると商店街が。

f:id:hyougonohanashi:20181124195641j:plain

 あぁ、あのマクドは電車からも見えてるやつだ。

 なんとなくこちらの方が賑やかそうなので、こちらを探索することにしました。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195652j:plain

商店街。明るい。人も多くこの時点で「淡路」、侮れない街じゃないかと感じます。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195706j:plain

 

【大手チェーンなどが充実】

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195723j:plain

 メインとなりそうな商店街だけに、入口にあったマクドナルドをはじめ、チェーン系列が揃います。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195732j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124195757j:plain

 

【気になるお店たち】

 

そんなチェーン店も並ぶ商店街ながら昔から続くであろうお店など気になるお店もちらほら。コンプリートではなく、僕が気になったお店だけを順不同でズラズラと。

 

・淡路東宝

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200604j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200555j:plain

 まずはこちら「淡路東宝」!!

 すごい!映画館あるんんやー!!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200541j:plain

 ゴジラの看板にテンション上がりましたが、残念ながら2017年5月末をもって閉館されているそうです、、、。1957年の開館から60年。最後に上映されたのが「クレヨンしんちゃん」と「相棒」だそうで最後まで最新作を上映する映画館であったことは素敵ですね、さすが東宝。

 現在、後の利用方法は未定らしいですが、せっかくの施設をうまく活用出来ればいいいですねー。 

 

 

・とんとん飯店

f:id:hyougonohanashi:20181124200825j:plain

 これまた気になる看板が。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200813j:plain

 10×10円・・・。どういうこと??

 「餃子1人前100円(1個10円×10個」とか・・・??と妄想が広がりましたこちらは「とんとん飯店」。

 残念ながら餃子は6個180円。ネットでもみなさんが「100円で食べれるメニューはない。100円ってどういう意味なんだろう」という書き込みをされておられます。お店のかたに誰か聞いて頂きたい!!y

 町中の中華店らしくワンコインなどでコスパよくご飯を頂けようですので、淡路でごはん食べる時には思い出そう。

 

tabelog.com

・うどん・そば 松屋

f:id:hyougonohanashi:20181124201100j:plain

 商店街のなかに立ち食いソバ屋さんが!!

 うどんそばが200円から、意外と出汁も立ち食いにしては丁寧に取られていて美味しいという声も。朝の7時半から22時まで営業ということで、出勤前からいただける使い勝手の良さ!!ぱぱーっと安く済ませたいときに要チェックです!

tabelog.com

 

・中華料理 共栄飯店

f:id:hyougonohanashi:20181124201019j:plain

tabelog.com

 

・竹村酒店

 

f:id:hyougonohanashi:20181124201047j:plain

  酒屋さんの隣のちょい呑みスペース。

 こういうところは酒もアテも安くて美味しいというのが相場であります。

 淡路でちょい呑みしたいときは候補にあげたい雰囲気。

 お店の営業時間の都合で15時~20時の営業なんでちょっと時間がネックかなぁ。あと酔っぱらって外に出たら商店街でめっちゃ明るい、ていうのも意味なく罪悪感を感じてしまいそうな気もする。

tabelog.com

 

・寿司処奏兵衛 淡路店 

f:id:hyougonohanashi:20181124201001j:plain

  2016年10月OPENと比較的新しいお店。

 こちら以前は「スシマス」なるテイクアウトのお寿司屋さんだったそう。

 ってことは・・・と検索してみたところ「スシマス」と同じ運営で八尾に本社を構える「鮨枡食品株式会社」さんのテイクアウトだけでなくイートインも可能な新業態でした。

 大阪、神戸、奈良を中心にテイクアウトのお店を手広くされておられ、回転ずしのお店に弁当店に、と色々されていました。知らなかったー。こちらの業態はまだ淡路店以外はなさそうです。

tabelog.com

 

 ・お好み焼き屋さん

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195811j:plain

  名前チェックし忘れてましたが、商店街に長くありそうなお好み焼き屋さん。

 階段で2階にあがらないといけないので雰囲気はチェック出来ず。

 

・麺商 無限

f:id:hyougonohanashi:20181124201116j:plain

  ラーメン屋さん。

 衝撃の2018年4月OPEN、11月閉店!!

 この画像、ほんとに閉店直前の様子じゃないかと。

 中華そば、つけめん、家系ラーメンにのぼりも出ているまぜそば、と非常に多くの種類のラーメンを展開されていたよう。

 ラーメン好きからすると「あれもこれも」とされてしまうと「軸がない」ように感じてしまうんですよね。花月嵐くらいぶっとんでくれたらあれもこれもやっても面白いですけど。

 単価も安くて(550円)「コスパ良い」と評判もよさそうでしたが、近所に有名なラーメン店もあるしきびしかったのかなー。

 またどこかでラーメン店をされていたら立ち寄ってみたいです。

 

tabelog.com

 

・喫茶軽食 ピノキオ

f:id:hyougonohanashi:20181124201155j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124201206j:plain

 あぁ、大好物な雰囲気の昔ながらの喫茶店です。

 レビューを見るとたばこもくもく、昔ながらのゲーム台のテーブル(脱衣麻雀・・・)などがある好きな人には堪らない雰囲気のお店らしいです。

 喫煙される方は要チェックのお店!

tabelog.com

 

 f:id:hyougonohanashi:20181124200836j:plain

 腰痛の看板可愛い。

 「痛かったらどこへここへおいでよ!」なんて店名書いたりもしないただただ相手を思いやるだけの関係。素敵じゃないか。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124201034j:plain

 このレトロな雰囲気、好きやけど商店街の中にあるっていうのがすごいなー。町中にぽつん、と登場するファサードの印象。

 「虫はり」ってなんすか??

昔から関西地方で盛んに行われている子供に施す針治療です。
疳虫でキーキー泣く子がいたら、おばあちゃんが「針医者に行って、虫を切ってもらいなさい」と言い、お母さんが赤ちゃんを連れて来院したといいます。
「小児ばり」が「虫ばり」と言われている所以です。

小児ばり | 堺市堺区 かとう鍼灸整骨院

 ほほう。かん虫の「虫」を切る、ということですか。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200744j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200731j:plain

 花屋さんかなー。昔ながらの商店街って感じしますね。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200717j:plain

 淡路本町商店街、っていう商店街なのか。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200705j:plain

 POP。 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195745j:plain

 いいなぁ、味のある看板です。

 辰巳屋味噌株式会社・・・株式会社なんや!!

 

tatsumiya-miso.jimdo.com

 創業大正8年!!

 てっきり味噌を仕入れて販売されているお店かと思ってましたが、製造もされてました!

 味噌ソムリエなる人もおられるそう。

 味噌いろいろ試すの好きなので、次お店あいている時間帯に通ることがあったらチャレンジしてみたい!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124201217j:plain

 

【市場】

 

商店街、公設市場の入口も複数発見。

夜の訪問だったため、既にシャッターはおりていたりしますが、裏手からも覗いております。こちらについては商店街の右側編のブログでふれてみます。

 

・地蔵市場

f:id:hyougonohanashi:20181124201130j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124201142j:plain

 地蔵市場。

 残念ながら訪問時こちら側はシャッターが降りていましたが、他の道から市場の裏側を確認できました。そちらについては「商店街の左側編」にて(笑)

  「淡路地蔵市場」でツイッターアカウントがあったので、てっきり市場のお店を紹介したりしてるのかなーと思って覗いてみたら、神戸にルミナリエ行ってたり、南森町のカフェ行ってたり市場情報がなくて、おまけに何気に写真撮影が上手で面白かったです。

・宝来市場

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200623j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200614j:plain

  おぉ。また市場が。宝来市場。

 ネットで検索してみると2017年5月時点でこんなブログが。

higashiyodogawaku.goguynet.jp

 飽き店舗多いから、映画館側に集めたみたい、といった内容だったのですが今やその映画館すら閉館・・・日中はどんな雰囲気になっているのか気になるところです。

 

【商店街を抜けて直進】

  商店街を抜けて、せっかくなのでもう少し先まで歩いてみました。

f:id:hyougonohanashi:20181124200518j:plain

 商店街抜けて振り返ったところ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200529j:plainf:id:hyougonohanashi:20181124195821j:plain

 先はこんな感じ。なんだかここから「これぞ淡路」な風景に出会えそうな気配の適度な明かり具合。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195834j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124195848j:plain

 

・猫カフェ 森のねこ舎

f:id:hyougonohanashi:20181124195903j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124195919j:plain

higashiyodogawaku.goguynet.jp

  2017年11月OPEN。

 「ほぉ、ねこカフェですか」程度で見ていたのですが、「保護猫カフェ」という業態らしいです。

 行政がからんでいるのか、民間の運営かはわかりませんが、ちゃんと病気(精神的なものも)なども治療した上でお店デビュー。里親募集を兼ねているそうなので猫と暮らしたい人はここでふれ合って相性が良い猫ちゃんを探すの、めっちゃ良くないです??すごく良い取り組みだなー。犬も含めてもっとこういう取り組みが広まればいいですね。

・なぎさ

f:id:hyougonohanashi:20181124195927j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124195936j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124195950j:plain

  間違いなく美味しい雰囲気を醸し出している焼肉屋さん。

 食べログに登録されておらず、ぐるなびも住所など基本情報だけ、Rettyはヒットせず。なに、この気になる感じ・・・情報求む淡路のひとー!ですわ。

・賛f:id:hyougonohanashi:20181124200121j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200132j:plain

tabelog.com

  焼肉なぎさの並びに今ちゃんの実は、とかで出てきそうな「隠れた名店感」がすごいお店を発見。

 2015年にOPENされたようですが、「淡路らしからぬ上品なお店が!」というブログなどがヒットしまくります。

 料理も画像を見るとイメージ通り上品な和食たち。そして意外にも雰囲気から想像するよりもずいぶんとリーズナブル。

 「常連が多くてめっちゃフレンドリー」なんて声も。

 これは気になる存在。

 

・お食事処・お好み焼 みわ

f:id:hyougonohanashi:20181124200143j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200156j:plain

 今回淡路をうろうろした中で一番訪問したい!と思ったのがこちらの「みわ」。 

 

tabelog.com

 食べログはあるんですが、情報の登録もないしもう閉店されてるのかなー。営業されてるならこのお店のためにまた淡路に行きたい。

・小さな居酒屋 ゆず

f:id:hyougonohanashi:20181124200225j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200235j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200246j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200257j:plain

  みわから信号を渡ったところ。こじんまりと良い雰囲気。ここもネットに情報出てないんですよねー。こんなに食べログに登録されたない店がずらずらとあるって淡路奥が深いなー。

・レンタル屋

f:id:hyougonohanashi:20181124200310j:plain

 地元で長く愛されてそうなレンタル屋さん。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200326j:plain

 レンタル屋さんの奥は明かりも特に見当たらないので引き返すことに。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200338j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200349j:plain

  ゆずから更に住宅エリア?に向かうほうもお店なさげ。

・Bar COVO

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200403j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181124200415j:plain

  こちらもネットで情報出ず。神戸に同名のお店がありそちらの情報ばかり検索にあたります。

 

・居酒屋 夜(ナイト)

f:id:hyougonohanashi:20181124200425j:plain

 もう引き返そうかと思ったときに見えたのがこの看板。

 昔ながらの良い雰囲気やないですか。

f:id:hyougonohanashi:20181124200435j:plain

 夜と書いてナイトと読む。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200449j:plain

  ここもこじんまりと美味しい家庭料理をアテに飲めそうな良い雰囲気(妄想です。実際はどんな感じか不明。だってここも食べログとかブログヒットしないんだもの)

 

www.hotpepper.jp

 

f:id:hyougonohanashi:20181124200504j:plain

  ナイトより奥はお店もなさそうなのでここで引き返して商店街に戻ることにしました。

 

 淡路、奥が深い。

 続きは次のブログにて!

 

 

 

 

 

【綱敷天神社】内容充実でめちゃくちゃ満喫できる梅田の真ん中の神社を画像盛りだくさんで【大阪】

f:id:hyougonohanashi:20190105020625j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023609j:plain

大阪、東通商店街を堂山方面に抜けたところにある「綱敷天神社」さんへ訪問してきました。

 

 きっかけは先日の「歯神社」のブログ。

 

www.hyogonohanashi.com

 

 こちらの神社の管理を網敷天神社がされている、と知ったときに「そういえばここから近いし名前も良く聞くのにお詣りしたことないな」と気付いたので、これもご縁!と訪問してみました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020456j:plain

 さっそく到着。

 歴史を感じる鳥居。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020510j:plain

 綱敷天神社。つなしきてんじんじゃ。

 延喜元年(西暦901年)に、学問の神様として慕われる「天神さま」こと菅原道眞(すがわらのみちざね)公が、無実の罪により京都より太宰府までの左遷の際に、この地で今を盛りと咲いていた紅梅に目を留められ、それをご覧になるため船の艫綱(陸と船をつなぐ綱)を円く円座状敷いてご覧になられ一時の休息を得られました。その由縁より、「綱敷(つなしき)」の名が興りました。

 菅原道真公がこの地で咲いていた紅梅を見るために網を円座状に敷いてご覧になられたことが由緒となり「綱敷天」の名称に。それまでは嵯峨天皇をお祀りする社殿が創設されていたことから「神野太神宮」と呼ばれていたそうで・・・え!?天皇より菅原道真ファーストなの??すごくないです??今ならSNSで揚げ足取られて炎上するような案件ではなかったのでしょうか。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020541j:plain

 そんな綱敷天神社はこんな町中にあります。

 なにやらがやがやした雰囲気。

 そんな堂山はこんな町。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020434j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105020446j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023826j:plain

 なんと鳥居の横が無料案内所といういかつさ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023856j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023911j:plain

 すぐ近くには阪急東通商店街。ここを大阪に向けて抜けるとHEPFIVEの近くに抜けます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023924j:plain

 この商店街は飲み屋だらけ。そして堂山方面へ抜けると急に夜のまちの気配。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105024022j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105024037j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105024050j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105024108j:plain

 神社のすぐ近くはこんな町。すごいですね。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023811j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023842j:plain

 そんな中に凛と存在する綱敷天神社。

 なんとも大阪らしくて愛着が湧いてきます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020425j:plain

 ちなみに鳥居前に。

 こんな神聖な場所で悪質なキャッチしないでー!!(笑)

 そしてなんやこのイラスト。客もキャッチもゲロゲロしてる。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020710j:plain

 入口には「用便禁止」の貼り紙も。

 正門前で用を足すなんて駄目ですよ!ほんとー。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020530j:plain

 

 中に入る前に、外側をチェックしてみます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020603j:plain

 割れているのも良い感じ。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020616j:plain

 囲われていて見えにくいですが、ひらがなで「つなしき」と見えるので石碑チェックしてみましょう。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020625j:plain

 つなしき。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020646j:plain

 天満宮です。菅原道真公に名称の由来を持つのですからもちろんですね。 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020659j:plain 

 酒樽。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020723j:plain

 綱敷天神社の由緒についてはこちらにも書かれています。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020735j:plain

 

 さあ中へ!!お邪魔します。

f:id:hyougonohanashi:20190105023714j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023758j:plain

 門周辺の飾りも格好良いので要チェックです。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020744j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020914j:plain

 門をくぐってすぐ左手に手水舎。

f:id:hyougonohanashi:20190105021051j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105021040j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105021028j:plain

 

丁寧な説明のボードもついていました。

 

手水舎の左に赤い門が見えましたが、

f:id:hyougonohanashi:20190105020552j:plain

 外から見えていたこの赤い鳥居からも中に入れます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021101j:plain

 それが手水舎の横まで繋がっていました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021146j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105021135j:plain

 そのまま手水舎の右手にあるお稲荷さん「喜多埜稲荷神社」へ伺えます。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021255j:plain

 あとから石畳が作られたようで石碑の沈んでいる感が歴史を感じさせます。

 「萬載橋」、なんか満載な感じです。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021408j:plain

 狐さんも看板の後ろに。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021429j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105021343j:plain

 恰好良い。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021316j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021329j:plain

  2018年の台風かと思いきや2017年の雨と台風から傷んでいるみたい。

 ちゃんと修復できるようにお賽銭を気持ち多めに。

 

 さて次は門を入って右手をチェック。

f:id:hyougonohanashi:20190105020753j:plain
 門をくぐってすぐ右手。

f:id:hyougonohanashi:20190105023701j:plain

 白竜社。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020804j:plain

 その左側には牛さんが。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020830j:plain

 もー。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020817j:plain

 神牛の涎かけなどは新田ふとん店様から。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020846j:plain

 牛さんの更に左。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020857j:plain

  オリンピック開催記念!!

 東京五輪も近づく今だからこそ、更に歴史を感じますね。

   

f:id:hyougonohanashi:20190105021111j:plain

 その左は蔵??

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021123j:plain

  扉が格好良い。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105020744j:plain

 次はここをくぐります。

 

 狛犬さんが両サイドともに柱に隠れていて見えにくいのですが。 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021455j:plain

 はい、ひょっこりはん。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021510j:plain

 はい、ひょっこりはん。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021526j:plain

 なんと大正4年からここで参拝者を見守ってくれています。重鎮。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021537j:plain

 横から見たらめっちゃ格好よいです。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023636j:plain

 狛犬さんの前の柱。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021641j:plain

 送軍記念碑。こんなのもありました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021734j:plain

 日清戦争に現在の梅田である北野村から出征した兵士の皆様のために建立されたそうです。戦争が終わったのち、処分するように言われていたのを、後世に伝えるために、一度地中に埋めて、昭和52年に掘り起こして整備された、とのこと。

 全然しりませんでした。ただの石碑とスルーするにはあまりにもったいない。ぜひこの石碑の前で感謝を。想像を。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021721j:plain

 看板と同様の内容が記された石碑も。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021654j:plain

 神社らしく、色々燃やす場所も。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021706j:plain

 そらー、許可なくやっちゃいかんですよ。

 ところどころに「堂山らしさ」が見え隠れしてほっこりさせられます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105021752j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105021808j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105022837j:plain

 ここには一体なにが書かれているのでしょうか。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105022849j:plain

 え??やらしいやつ・・・??と堂山の地域性にすっかり脳みそがそっちに行ってしまいましたが・・・

f:id:hyougonohanashi:20190105022901j:plain

 筆塚でした。戦災で損壊したのですが、こちらも送軍記念碑と同じく昭和52年に収められたもので日本有数の大きさとのことです。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105022927j:plain

 その横には小さい牛さんも。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105022940j:plain

 もー。この子はこの子で役割があるのか、門近くの大きな牛さんにポジションを取られてのんびりと隠居生活中なのか。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105022954j:plain

 きっとこの石も隠居生活中。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023007j:plain

 敷地内に空手道場が!!

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023021j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023622j:plain

 そんなこんなでやっとこさお詣りです。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023556j:plain

 この屋根の曲線具合が好き。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023609j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023542j:plain

 手前が拝殿。奥に本殿。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023528j:plain

 ちなみにこれが本殿ですかね。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023201j:plain

 お詣り。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023101j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023114j:plain

 極度に鈴を強くならそうとしないでね!とのお願いが。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023034j:plain

 おみくじはガチャガチャのノリで。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023047j:plain

 f:id:hyougonohanashi:20190105023132j:plain

 なんと!!

 綱敷天神社、歯神社と訪問しましたがまだ「御旅神社」というものがありました!!

 場所を見ると。。。あ、NU茶屋町の並びにあるところか、これまためちゃくちゃ人通りあるところやのにみんなスルーしてしまってるんじゃないでしょうか。これもいずれ訪問せねばなりませぬ。

f:id:hyougonohanashi:20190105023145j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023416j:plain

f:id:hyougonohanashi:20190105023339j:plain

 

本殿の左手に社務所がありました。

f:id:hyougonohanashi:20190105023351j:plain

 残念ながら不在。

 神殿におられることもあるようです。御朱印を頂かれる場合にはお声掛けをしにいく必要がある場合もありそうです。

f:id:hyougonohanashi:20190105023403j:plain

 社務所から横を見ると本殿横を抜けていけそうです。

 せっかくなので覗いてみます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023431j:plain

 外に出れました。

f:id:hyougonohanashi:20190105023445j:plain

 扇町側に抜ける事が出来ました。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023502j:plain

 本殿を後ろから見れます。

 

f:id:hyougonohanashi:20190105023515j:plain

 神具庫。

 

 画像をずらずらーと並べてみましたがいかがでしょうか。

 少しでも網敷天神社へ興味を持っていただくきっかけになれば幸いです。

 

 参拝と合わせて東通りで飲むもよし、そのまま夜の街へ繰り出すもよし、大阪らしさをまとめて楽しめるエリアではないでしょうか。

 

 ぜひ!

 

 

【歯神社】日本で唯一の歯の神様にご挨拶。梅田の真ん中、アクセス抜群。元々は農耕の神様だったそうな!【スポット<大阪/梅田>】

f:id:hyougonohanashi:20181124195403j:plain

 梅田にある、日本で唯一の「歯の神様」の神社へお参りに。

 土地柄か、海外からの旅行客にも人気があるそうですよ!

 

 梅田、est(エスト)を中崎町側に抜けたところにあります。

 めっちゃ町の真ん中。都会のなかにポツンと社。

    実はこの神社の前を通る機会も多いのですが、「これはなんの神社か」なんて考えることもなく、先日バラエティ番組で取り上げられているのを見て始めて「歯の神様」の神社なのだと知った次第。同じような人多いんじゃないでしょうか。

 最近よく通る道だったため、せっかくだし、と立ち寄ってみました。 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195339j:plain

 隣はブランド衣服のリユースショップのRAGTAG。ここを目印にしてもわかりやすいですね。右手にはすぐHEPFIVE、とめっちゃアクセスの良いところにあります。

 この神社のコンパクトさゆえに通り過ぎる人も多いんじゃないかなぁ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195253j:plain

 ESTのすぐ横。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195116j:plain

 正面から。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195223j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195327j:plain

 すぐ隣は十三に本店を構える人気店ねぎ焼やまもと。美味しいですよ!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195240j:plain

 ほんとにお社だけ。コンパクトな神社です。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195129j:plain

 歯神社。

 日本で唯一の「歯」の神様、ということですがなんで「歯」なんでしょう?

    その由来もテレビで取り上げていたのですが、すぐ近くの淀川が氾濫して、梅田一帯があわや水没する、といったことがあったそうです。その際にこの神社の御神体であった巨石が歯止めしたことから「歯止めの神様」と慕われるようになったそう。


    巨石が反乱を止めたってどんなシチュエーションだったんだろう、と気になりつつ、そんな「歯止め」が時代とともに変化して「歯痛止めの神社」となったそうです。


    ・・・剛腕すぎる。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20181126112030p:plain

 

    「歯痛に縁のない健康な歯を高齢になっても維持出来ますように!!」と祈るのではなく「`虫歯なっちゃった。痛いの痛いのとんでけー´してー!!」と御祈りするという「虫歯に苦しんでいる人のための神社」!!(笑)。


    虫歯になりました→歯が痛くて眠れない→じゃあ梅田の歯神社さんにお祈りしよう、ってことか・・・

    現代ならまずは歯医者に行って薬もらうな。そんな感じで時代の流れ、医学の進歩と共に少しずつ人々の生活から距離が出来ていったんでしょうか。


 元々は普通の神社(何の神社だったんだろう、は後程解決)だったのが、一つの事件をきっかけになり、「歯止めの神様や!!」ってなって、また時代が流れて誰が言い出したのか「歯痛止めの神様や!」ってなって、おまけにいつのまにやら梅田は都会になってしまって、目の前はESTなんて商業施設が出来て若い女子たちがショッピングを楽しんでいる、なんてここの神様も思ってなかったやろな・・・

 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195403j:plain

 ちなみにこちらの神社の神様は「歯神さん(はがみさん)」と呼ばれているそうな。

 先の大戦の折、大阪は大空襲に見舞われ、梅田一帯は火の海となりましたが、この折も歯神社までは火が届かず、戦火を歯止めしたともいわれています。淀川の洪水だけじゃなくて戦火も歯止めしてはった!

 現在では、全国の歯に悩む方々だけでなく、歯科医、歯科技工士などの歯の医療に関わる方々や、歯科医師を目指す学生さん、歯ブラシ・歯磨き粉・歯に関するガム・入れ歯など歯に関わりのあるお仕事をされる方々の参拝が絶えずあり、歯の大神さまとして慕われているそう!!!!虫歯のひとだけじゃないのか、、、!!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195350j:plain

 鳥居をくぐって中へ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195137j:plain

 男のあれの祭りで使われるようなフォルム・・・

 当時反乱を止めた巨石のかけらである「なで石」。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195149j:plain

 このなで石をさすってから「歯痛いんです。傷みとめてください!」という場所をさすると傷みがとまるとされています。

 f:id:hyougonohanashi:20181124195158j:plain

 おっきい鈴。 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195426j:plain

 お賽銭も入れることが出来ます。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195212j:plain

 

 歯神社。由緒が書かれています。

 元々は「農耕神」として祀られていたそう!!農耕の神様から歯痛止めの神様へ。

 なんかめっちゃこの神様、愛おしくないです??

 「意外と悪くないよ、歯痛止めの神様。競合いないんだもん」なのか「俺は・・・本当は農業が大好きなんだ・・・またいつか、って俺はまだ諦めていないんだ」って思ってるのか、話してみたい・・・。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195434j:plain

 この神社、人が常駐しているわけじゃないしどうやって管理してるのかな?と思ったんですが、こちら同じ北区にある「綱敷天神社」さんが管理されておられるようで問い合わせ先はそちらになっておりました。

 明治の初年頃、それまで地元の人間だけで祀ってきた歯神社をちゃんとした神社として祀ろうと、大阪市北区神山町に鎮座する綱敷天神社の境内飛地末社(けいだいとびちまっしゃ=御本社境内の外にある小さな神社の意)としてお祀りされるようになったとのこと。

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195445j:plain

 御神木も。

 

 周囲で歯痛に苦しんでいるお知り合いおられたらぜひおすすめしてあげてくださいませ!

 「ム(6)・シ(4)・バ」にちなんで毎年6月4日から10日は歯と口の健康週間とされているとのこと・なんで「バ(8)」が採用されなかったのかが謎ですが。8日までだと5日しかなくて集客のチャンスもったいねー、でしょうか。

 また初日6月4日は年に1回の「歯神社例祭」という歯の健康を祈念して、神事後に歯ブラシを授与するイベントもあるようなので、歯を大事にしたい高齢者へのプレゼントなどに参加するのも良いですね!

 

f:id:hyougonohanashi:20181124195414j:plain

 

詳しくは公式のホームページをごらんくださいませ!

歯神社

 

 

【千石棲/千石楼大石店】ガリガリガリクソンが認めたラーメンを大石の大衆中華店で【飲食店<神戸・灘/大石>】

 

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022421j:plain

 阪神電車大石駅。

 ここにガリガリガリクソンが「美味しい」と評価したラーメンがあるのです!

 今回はそんなラーメンをいただける神戸は灘、阪神大石駅からすぐの「千石棲」さんのご紹介をさせていただきます!

 

【ごきげんブランニュ】

 

f:id:hyougonohanashi:20181120143416j:plain

 なんかガリガリガリクソンが偉そうな書き方になってしまいましたが、関西のほとんどの人間が視聴してたんじゃないの?と思えるほどの人気番組だった「ごきげんブランニュ」という番組のなかの「サイコロを振ってひたすらラーメンを食べながら歩いていく」という人気企画がありまして。ガリクソンが大阪から神戸まで、別名「ラーメンロード」と言われるほどラーメン店がひしめきあう国道2号線をサイコロの目だけ進んでそこのラーメンを食べてまた進む、1日5杯とかラーメンを食べるすごい企画だったんです。

f:id:hyougonohanashi:20181120143147j:plain

 結局すぐにつぶれたけど自身もミナミの法善寺にラーメン店「麺屋坂本 トップをねらえ!」をプロデュースするほどのラーメン好きのガリクソン(賃金安すぎ、などで店員のクーデター的な感じで1年ほどで閉店。というガリクソンらしい人間性の小ささが見える理由にて・・・)そんなガリクソンなのでスープなどに対するコメントも興味深く、「なんとか味を盗んで自分の店OPENのときに活かしてやろう」という下心も見えまくってて面白い企画でした。

 事故をおこして以来、名前を出すのもなんだかなぁとも思いますし、番組を見ていても人間性の残念さは「テレビであることを意識した演出」でなく根っからのものだろうなぁとはヒシヒシと伝わってきたのですが、企画自体は2号線を飛び出し、各地で実施、継続される人気企画となったこともあり。やっぱり面白かったなあとは思うのです。

 

 そんな2号線ラーメン企画でガリガリガリクソンが「今回食べたなかで美味しかったラーメン」3位にあげた千石棲さんへ訪問です!

 

【場所】 

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022345j:plain

 阪神電車大石駅から北へ歩くとすぐ2号線に出まして、コーナンがあります。

「あぁ!あのコーナンのあたり!」となる方も多いのでは。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025156j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181120022539j:plain

 交差点の名称はずばり「大石川」。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025206j:plain

 ということで、ずばり駅のすぐ前には川が流れておりまして。地図を見ると長峰山から繋がっているようです。

f:id:hyougonohanashi:20181120025217j:plain

酒造メーカーである「沢の鶴」さんの看板がありますが、こちら大石の駅から南へ行ったところに沢の鶴さんの会社があるのです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025228j:plain

 全然お店と関係ないですが、川沿いに道がありまして、ここ歩いたら気持ちよさそう。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022334j:plain

 駅から2号線に繋がる場所。奥に見える緑のところが阪神電車。

 このあたりで横を見てみますと。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022359j:plain

 お、地元感満載の飲食店が見えます。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022322j:plain

 黄色のテントには「中華・洋食」とどっちもいけるで!って強気な姿勢ですが、入口の暖簾が「中華」なので中華のほうが強そうです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022518j:plain

 店の前から駅がすぐ見えます。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022506j:plain

 そしてすぐそこが2号線。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022529j:plain

 「千石楼」さん。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022421j:plain

 こちらでは「千石棲」さんと書かれていてどちらが正しいのかは謎。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022456j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181120022443j:plain

 お店のドアの幅と暖簾の幅が合わず折り込んでいるのが最高です。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120022432j:plain

 価格帯はこんな感じ。600円台から定食が用意されています。

 実は以前に訪問した際に具だくさんで美味しいしコスパ良かった「冷麺セット」を食べたかったのですが、冷麺は期間限定でこの時期はされていないよう、無念。

www.hyogonohanashi.com

  このときに訪問してました。が、画像撮り忘れでブログ書けず。

 

【店内】

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025316j:plain

 昔ながらの中華店の店内。

 カウンター席とテーブル席が。

 ご夫婦でされておられるのかな?奥様?らしきかたが注文などに対応してくださいます。他のお客さんは近隣の方みたいで適度に会話をされておられるのが、地元で根付いている中華店という感じで居心地良いです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025329j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181120025339j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181120025351j:plain

 車での訪問も安心。2名以上での来店になりますが1時間無料券出るそうです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025237j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181120025301j:plain

 単品も充実。ガリクソンが評価したラーメンはまさかの「350円」。すごい。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025249j:plain

 今回は得々定食A 700円をチョイス。冷麺に心残りはありますが。

 からあげとラーメンとごはんのセット。

 こちら「ライス」を選べばおかわり自由とのことなのでがっつり食べたい人はごはんチョイスもいいですね!僕は小やきめしをチョイスさせていただきました。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025527j:plain

 ちなみに昔ながらの中華店だけに喫煙OKです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025547j:plain

 ん・・・??

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025556j:plain

 辛子入れにハサミが。お客さんへのやさしさが見えます。好印象。

 

【料理到着】

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025400j:plain

 到着!充実の内容です。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025415j:plain

 ラーメン。昔懐かし、のラーメンです。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025503j:plain

 シンプルな昔ながらの中華そば。

 この灘エリアに来る手前、西宮が2号線が「ラーメン国道」なんて言われだしたきっかけになるラーメン激戦区で「凝った」ラーメンが多いので、そのエリアを抜け出して灘で食べたシンプルなラーメンが余計に「シンプルなおいしさ」を感じたのかなーと思いました。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025515j:plain

 麺は細麺。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025647j:plain

 こちらのラーメンがごきブラでガリクソンがランク入りさせたラーメン。ちゃんと番組のキャプチャーを入口横に貼られています。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025425j:plain

 ボリュームは客層(近隣、ちょい高齢の人が多そうな雰囲気)に合わせている部分があるのかちょいと少な目ではあります。いや350円やもんな、十分か・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025435j:plain

 続いて小やきめし登場。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025444j:plain

 これまたシンプルで美味しい。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025454j:plain

 からあげ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025538j:plain

 塩がついてきますので、唐揚げにかけるのもアリ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025606j:plain

 食器にはちゃんとお店の屋号入り、あれ、やっぱり「楼」が正しいのか。

 

 ちなみにこのセットは本当にお得かもチェック!!(笑)

f:id:hyougonohanashi:20181120025619j:plain

 ラーメン350円。

 

f:id:hyougonohanashi:20181120025635j:plain

 やきめしノーマルサイズ450円ですが、「プラス300円で小やきめし」が出来るようなので、ラーメンとセットで「650円」。

 ということは唐揚げが「50円」。唐揚げ単品600円なので量が2分の1から3分の1としてもちゃんとお得なセットです!!

 

 コスパよく居心地の良い空間。

 ごきブラファンのかたもぜひ!

 

 

 

【たなかしん展/アスミルヒカリ】キラキラした可愛い絵が阪急梅田店で見れる!ご本人にサインも頂きました【イベント<大阪/梅田>】

f:id:hyougonohanashi:20181125022919j:plain

 前回の「木彫フォークアートおおやの世界」を堪能して出てくると、目の前ではたなかしんさんのエキシビジョンが。阪急すごすぎない?充実しすぎでしょ。と立ち寄ってみました。

 こちらもおおやの世界と同じく26日までの開催!合わせて訪問するきっかけになればと、こちらも画像をペタペタしてみます。本人にサインも頂けましたよ!

 

【たなかしんさんとは】

 

絵本作家 たなかしんのホームページ

 名前を知らなくても絵のタッチは見たことある、って人も多いのかなと思います。なぜなら僕がそうだったので・・・

 大阪生まれで今は兵庫県の明石にアトリエを構えておられるそう。明石の海の砂を作品に用いているそう。それがあの独特の絵になるのか・・・

 

【イベントスペースの雰囲気】

 

f:id:hyougonohanashi:20181125022951j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125022939j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125022846j:plain

 作品が多く展示されています。

 

【作品たち】

 

f:id:hyougonohanashi:20181125023027j:plain

 動物の絵が素敵。どうやって描いてはるのかしら。

 

f:id:hyougonohanashi:20181125023037j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125023048j:plain

 女の子がオオカミに食べられる!ずばり赤ずきんちゃん。可愛すぎる。

 

f:id:hyougonohanashi:20181125022959j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125023007j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125022857j:plain

 いやー素敵な作品たち。

 

【グッズ】

 f:id:hyougonohanashi:20181125023019j:plain

 ちゃんと物販も用意されています。

 

f:id:hyougonohanashi:20181125023056j:plain

f:id:hyougonohanashi:20181125023115j:plain

 絵本も充実。

 レジの横ではご本人がサイン会をされておられたので、僕も!!とミーハー全開で本を購入。

 

f:id:hyougonohanashi:20181125023105j:plain

 子供向けにサインとイラストを描いていただきました!

 なんで絵本作家さんってみなさんオシャレなんですかね・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20181125023127j:plain

 普段こういうキラキラした感じの目をした絵に触れる機会が少ないからか、すごく楽しかった!

 26日までの開催です!ぜひ。

 

f:id:hyougonohanashi:20181125022928j:plain

 

11月26日までの同期間、向かいのスペースで木彫フォークアートおおやの世界も開催中なので合わせてご来場いかがでしょうか。どちらも無料。お得です!

www.hyogonohanashi.com

 

スポンサーリンク

広告