ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

広告

【神戸紅茶】 本当はHOTがおすすめというアールグレイをCOLDでいただく <灘/事業者紹介>

f:id:hyougonohanashi:20160829182633j:plain

 その名の通り神戸市で紅茶製造販売の事業をされておられる「神戸紅茶」さんに先日お伺いしてきました。

打合せに入る前に「本当はHOTがおすすめなんですけどね」と言って担当営業さんはおっきい氷の入ったアールグレイを出してくれました。

そっと僕のおなかを見つめながら。


あぁ夏だなぁ。

【夏はセミの鳴き声で気付くんじゃない!気遣いで気付くんだ!】

「ごめん!さっきエアコン入れたとこやねん!まだあんまり効いてへんよな!?」とか。
「とりあえずこれ飲んでよ」って水が出てくるとか。

訪問先でまずこういった扱いをして頂くと「夏やなぁ」と。
体脂肪率高めの人がだいたい「あるある!」という特別待遇です。

 

 

 

ということで美味しくて冷たいアールグレイを頂きました。
何もいれんでもほんのり甘みが。
あぁこれはIくんの「やさしさ」という味付けか・・・
「本当はホットのほうがちょっと苦みがあって個性があるんですけどねー」と再度お勧めを伝えられながら。

ごめんなさい。秋になったらホットでいただきます。

 

【神戸紅茶さんについて】

 「高品質」な紅茶を作っておられるんです。

・日本に数人しかいない紅茶鑑定士によるテイスティング
・90年年以上歴史を持ち「日本ではじめてティーバッグでの製造販売を開始した」会社。

 1925年創業。当時神戸は日本一の紅茶消費量だったとのこと。

 さすが港町。おしゃれ。

 ティーバッグも日本初、とか日本の紅茶の歴史にも大きな足跡を残している老舗さんですね。

 こういったメーカーが、地元の知る人ぞ知る、で終わらず現在も最前線で紅茶を広めておられるのは熱い話ですね。

 

 えっ?神戸でしか知られてないんじゃないかって?

 いえいえ。直営店も運営されておられるのでうが神戸の北野店(北野工房内)、御影店に続きなんと「浅草店」もOPENしておられます。

 

f:id:hyougonohanashi:20170728170400p:plain

 画像引用:神戸育ちの神戸紅茶 ~ちょっとした贅沢なひとときを~

 

 浅草のまるごと日本館内。画像の感じだとイートインはなさそうですが是非東京の方もお気軽に神戸紅茶さんの商品手に取ってみてくださいね。

 

 パッケージも「神戸っぽい」シンプルに、色遣いで見せるようなコンセプトでええ感じの商品が多いんです。歴史に甘えず、ちゃんとニーズを読み取る老舗はやはり魅力いっぱいです。

 

 

 この会社の紅茶鑑定士さん、KISSFM(ラジオ)でコーナーを担当されていたので、初めてお会いした際は芸能人に会ったような高揚感でした。

 

【コンビニでも神戸紅茶が売ってたらしい・・・】

f:id:hyougonohanashi:20160829185650j:plain

 

 そして棚にこんなん飾ってはるのを発見。

 以前メーカーとコラボして神戸エリアのコンビニで販売していたとのこと。

 さすがです。

 三ノ宮のコンビニで定番の「生紅茶」シリーズが販売されてたのも発見したことがあります。販路が広い!お手に取ってもらいやすい高品質の紅茶がではないでしょうか?

 

 

 そんな神戸紅茶さんの商品は、ホームページからでも購入できますが、神戸にこられた際には直営店や新神戸駅のお土産売場でご購入頂くこともできますので、神戸にこられた際にはぜひご賞味あれー。

 

 

 さきほど貼り付けたのはギフト用かな??ご自宅向けなかんじのやつも貼っておきます。

 

神戸紅茶 No.5 アールグレイ 145g

神戸紅茶 No.5 アールグレイ 145g

 

 

 あと個人的にはこれが好きです。ミルクティーに合う茶葉です。

 神戸紅茶さんとしてもたぶん有名な紅茶やと思います。

 

 

 兵庫県のなかでも、神戸は洋のイメージが強いのはみなさんの共通イメージかと。

 「コーヒー」のイメージも強いかと思いますが、紅茶もおしゃれで神戸っぽくて素敵です。遊びにこられた際のお土産などにもぜひ。

スポンサーリンク

広告