ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

広告

【播磨新宮】不二家の看板と薄口醤油饅頭の話【スポット<播磨新宮>】

f:id:hyougonohanashi:20171108190630j:plain

 不二家のペコちゃんの看板が何故か街中に急に。

 

【播磨新宮】

 龍野から山側にあがった「播磨新宮」にて。

f:id:hyougonohanashi:20171109182746g:plain

 龍野の北のほう。龍野に南北に流れる揖保川沿いにぐんぐん北に進みます。途中醤油蔵が並ぶエリアを通るのでそちらに寄り道するのも楽しいです。

 

【ぺこちゃんの看板、不二家播磨新宮店】

f:id:hyougonohanashi:20171108190633j:plain

 先日龍野に行った際にそんな播磨新宮にある「道の駅しんぐう」に立ち寄った際に近くで発見した、山の景色の中に急に不二家の看板。

 もともとはここが洋菓子屋だった、とも思えない築年数もすごそうな建物に看板ついてた。

 

 なんとなく気になったのでパシャリと。

 こういう風景がついつい気になってしまうのです。

 

 子どものころ、そんなにお洒落なケーキやなんて地元にはなくて、定番は「100円ケーキ」と言われる地元のスーパーが定期的にひらくイベントで食べるケーキだった。 その時代には「不二家」「宝船」のケーキですら特別なものだった。

 

 不二家、きっとこの街でも同じように子どもたちの贅沢として存在していたのだろうか。などと今はもう店はない、ということを前提に考えてしまっていて、「あれ、まだ店やってるのかも。失礼な考えやったな」と思い検索してみてびっくりした。

 

business.her.jp

 今年の5月に閉店したところだった・・・

 こんな看板でずっと頑張り続けていたのだ。 

 そして店があった場所を地図で見てびっくり。

 たぶんこの建物が不二家だったんだ・・・

 

 不二家は「ファミリーチェーン」というFC制度があるそうな。

 さすがにこの雰囲気で直営店ではないだろうから、フランチャイズで頑張っておられたのでしょう。ううむ、感慨深い。

 

rakuten:nikkori-syokunohiroba:10000685:detail

 

【櫻屋】

 ちなみに道の駅しんぐうの後、すぐ近くの「櫻屋」という和菓子店に向かう際に発見したのですが、櫻屋さんも歴史のある建物で恰好良いです。

f:id:hyougonohanashi:20171108190638j:plain

 

f:id:hyougonohanashi:20171108190640j:plain

 なぜ和菓子店に!!??と思うのですが懐かしい看板が。

 

 こちらは「揖保の鮎」というお菓子がよく取りあつかわれています。

f:id:hyougonohanashi:20171108191342j:plain

 が、この形のお菓子ってだいたいどれも似たり寄ったりですよね・・

 揖保(いぼ:素麺で有名なところ)からは少し離れてるイメージもあるし・・・

 

 龍野に近いということで「うす口醤油饅頭」もあるのでそちらを食べてもらったほうがご当地感あります!!

 

 薄口醤油饅頭は龍野に行かれるなら、「吾妻堂」が絶賛おすすめ。

御菓子司 吾妻堂

 こちらは醤油饅頭だけでなく羊羹が絶品です!!

 

 と、不二家の看板を掲載したかっただけなのにまとまりのない文章になってしまいましたが、龍野方面に行くときは「うす口醤油饅頭が美味しいよ」ってことと「不二家のミルキーのロールケーキ美味しいよね」ということでなにとぞご理解を・・・

 

f:id:hyougonohanashi:20171108190635j:plain

 

スポンサーリンク

広告