ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

広告

【赤穂飯店】赤穂で塩ラーメンと牡坂越の牡蠣蠣【飲食店紹介《播州赤穂》】

f:id:hyougonohanashi:20161130190439j:plain

 赤穂飯店。

 以前赤穂の例の人(赤穂をこよなく愛していて赤穂をPRする仕事の人)に「赤穂に行ったら立ち寄るべきラーメン屋」を数軒教えてもらいました。

 それ以来、赤穂に立ち寄る際には順番に回るようにしていて今回は「赤穂飯店」。

 

 今色々と話題の食べログさんを参考に評価が高いところから行っていたのですが、別口からも「え!?まだ赤穂飯店行ってへんの!?」とびっくりしたコメントをもらったりして気になっていたので、立地的に厳しかったのですがラストオーダー前にぎりぎり無理くり訪問。

 

 【赤穂飯店】  

 

f:id:hyougonohanashi:20161130190453j:plain

 JR播州赤穂駅からは、北西に位置していますが、徒歩では厳しい距離ですねー。

 車で250線をひたすらすすみ、途中(焼き鳥の大吉があったはず)でちょいっと曲がったあたりです。

 途中に「来来亭」やら「虎と龍」やらチェーンのラーメン店がちらほら。

 

 焼き鳥屋を曲がると上の看板がみえてきます。

 

 1階が飲食店で、上はビジネルホテルでした。

 

f:id:hyougonohanashi:20161130190450j:plain

 「桜館」

travel.rakuten.co.jp

 

 てことはここの直営店、てことなんでしょう。

 

 実は今回の出張も、ほぼ全てのビジネスホテルが満室でした。ど平日やのに。

 赤穂恐るべし。

 なので、確かこのホテルも満室だったはずなんで、きっとランチ時、ディナー時にはサラリーマン率が高いんやろなーと想いを馳せつつ。

 

 私が伺ったのはラストオーダーぎりぎり。

 客はゼロでございます。

 

 【店へ】

f:id:hyougonohanashi:20161130190442j:plain

 

 「うわー、今日はもう終わりやと思ってたのに客きよったー。それも一人かよ!?」と心の中でディスられるんやろなーと思いながら伺いましたが、店に入った瞬間の「いらっしゃいませ」から接客まで非常に気持ちがよいものでした。

 

 店の感じは上記画像参考。

 カウンター上の、メニューをくるん!と切り抜いた処理をしただけの料理画像が並ぶ感じ、赤が色が抜け始めている感じ。

 ノスタルジー!!

 私は確かに過去に、これと同じ風景の店に、赤穂じゃないどこかで行ったことがある!という気持ちにさせてくれます。

 ※改めて書いてて思ったのが、たぶん餃子の王将。なんか幼少時代まで戻ってしまいそうなくらいノスタルジックな気分だったのですが、ただの勘違い。うちの近所の王将やないか!

 

 もうこの店好き!!と思いながら、塩ラーメンと、当日赤穂&相生でひたすら牡蠣を見ていて牡蠣気分が溢れでそうだったので牡蠣のオイスタソースを。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20161130190439j:plain

 赤穂塩ラーメン。

 真ん中がかしわ。

 つみれもいっぱい入ってて、卵も。

 これで660円くらいでした。

 

 昔ってラーメンそれくらいの価格やったよね!とこれまたノスタルジック。

 ラーメンおいしかったっす。

 

f:id:hyougonohanashi:20161130190434j:plain

 牡蠣!!

 赤穂のすぐ隣、坂越の牡蠣です。

 

 もう・・バツグン!!!

 で、数がいっぱい!!!

 まだまだ小ぶりの牡蠣ではありましたが、こんなん神戸とか大阪で食べたら倍くらいするんちゃうんか!?て価格でした(ちゃんと覚えてない・・・)

 

 セットも色々ありましたが、塩ラーメンが「小」のセットしかなかったので、単品にしたのですがこれは正解。

 価格もお手頃なので、妥協せずに単品で好きなものを食べるのがオススメっすー。

 

 食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280502/28003570/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

広告