ひょうごのはなし

大阪生まれ大阪育ちの私が、仕事を通じてすっかりはまったひょうご五国の魅力を食を中心に伝えていくブログです。

【相楽珈琲】王子動物園、県立美術館へ行く際の立ち寄り場所にええ感じ【飲食店紹介《灘》】

f:id:hyougonohanashi:20161124205716j:plain

 JR灘駅前に今年の春くらいからずっと気になっていた喫茶店がありました。

 相楽珈琲。

 

 「美味しい」っていう噂を聞いたとか、そんなわけではなく知人がこちらのカップ&ソーサーを作らせてもらっている、ということ。また陶器にプリントをしている、ということで、それが見たくて仕方なかったのですが、意外と訪問する機会がなかった灘駅前。

 これじゃあいつまでたっても行けそうにない、とえいや!とこのために時間を取って伺ってみました。

 といっても10月半ば・・・

 一か月ほどブログにしないまま放置しておりました。

 ので多少事情はかわっているかも!

 【JR灘駅って】

 JR灘駅、私のイメージでは北側に出て「王子動物園」、南側に出て「県立美術館」に行くための駅って感じです。

 写真撮り忘れてますが、駅前にはパンダのイラストがいっぱいある。

 なので、それらに行く前後に立ち寄ってゆったりできる喫茶店として、相楽珈琲さんオススメしたいところです!

 

【どこにあるのー?】

f:id:hyougonohanashi:20161124205656j:plain

 JR灘駅の北側のロータリー、西側に見えます。

 2階。

 以前も喫茶店があった記憶がありますが(春秋、という喫茶店だったようです)、中に入ったことはないので、居抜き具合は不明。

 10月半ば訪問ながら、まだかき氷をしていたんだなー。

 店の雰囲気、ロゴ、等ええ感じにしているのに、このタペストリーちょっともったいない感じ。

 飲食店相手のお仕事をしていて、よくあるのが「この街に新しい風を吹かしてやる!」と今までその街になかったようなデザインや素材に力を入れたスタートをきるものの、スタートしてから「なぜこの街にこういう業種がなかったか」に気付いて、とっとと町のニーズに合わせて業態を変更していくこと。

 柔軟な対応は非常に評価すべきだけれども、マーケティングしなかったのかな、とか、それでも続けることで生まれる価値が街のイノベーターとなっていくんじゃなかとうか、とか思うことが多いです。

 個人的にはそういう意気込みで店を始められる方はキラキラしていて大好きで少しでも力になれればと思うのです。

  お店の方とお話したわけでもなんでもないのですべて私の妄想ですが、この雰囲気にこの色使い、フォント・・・このかき氷タペストリー、この街のことを余り知らずに好き勝手言うならば個人的には苦手。

 「モーニング」のタペも。

 かき氷のミニのぼり?は「身近」な雰囲気が出ていて、アリかなぁと思うのだけど。

 

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205654j:plain

 近づくと1階に看板が。

 ほら、かわいい!

 このテイストで貫いていくのは難しいんかなぁ。

f:id:hyougonohanashi:20161124205730j:plain

 めっちゃ反射しまくってますが入口。

 縦に店名が入っています。

 ここから店内のお客さんの入り具合、店の雰囲気をチェックできますので、

問題なさそうであればいざ店内へどうぞー。

【お店に入ってみる】

f:id:hyougonohanashi:20161124205700j:plain

店奥側。

f:id:hyougonohanashi:20161124205709j:plain

 入口側。

 

 いい雰囲気。

 落ち着きます。

 写真で伝わりそうですが、珈琲の良い匂い。

 たしかこの日は、近隣のマダムがたと思われる方がゆったりと珈琲タイムを。

 途中から老夫婦が入ってきたりして地元の方々の憩いの場となっていそうです。

 

 平日の昼過ぎだったかと思いますが、さぼっているサラリーマンは私だけ(´・ω・`)

 お店の方は男性二人。

 この雰囲気に合うきっちりした服装で、カウンターで雑談もせずに良い雰囲気作りをされておられます。

 まったりできる良い空間です。

 

 【ウォーターグラス、チェック!笑】

f:id:hyougonohanashi:20161124205707j:plain

 お水のグラスにまで、ロゴをプリントされてはる。

 徹底されていて好感触。

【珈琲】

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205716j:plain

 珈琲到着。

 今回はお初、ということでお店のオリジナルブレンドをいただきます。

  

 そうそう!これです。

 このカップ&ソーサーを、丹波焼雅峰窯、というところで作成されておられます。

 ということでここから少し食器に注目してみます↓

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205712j:plain

 曲面へのプリント、というのが気になっていての訪問ですが、綺麗にプリントできるもんなんですねー!!

 転写!?

 

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205723j:plain

 口を運んでみて、びっくり。

 めっちゃ口当たりが優しい!

 デュラレックスのウォーターグラスみたいに、先端が外側に向けて広がっていて、口あたりがいいよいに少し薄く処理されています。

 身内びいきなく、口を当てて「あら!」って思うことってあんまりないので、これは素敵。

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205719j:plain

 ソーサーにもしっかりプリント。

 いいですねー。

 

f:id:hyougonohanashi:20161124205721j:plain

f:id:hyougonohanashi:20161124205725j:plain

 しかりと裏には窯の名前が入っています。

 非常に個人的な好みですが、「地元の窯」を大事にされている飲食店さんって大好きです。好感度大。

 

 【長時間滞在に嬉しいサービスも!】

f:id:hyougonohanashi:20161124205727j:plain

 おかわり200円!

 これはうれしい。

 近隣の人と打合せあるときなんかには使い勝手がよさそうです。

 あっ食器のことばかり書いていましたが、珈琲はもちろんおいしかったです!

 ちょっと時間が空いて記憶があいまいですが、酸味控えめで上品な類の苦みがある珈琲だったような記憶が。

 

 この日の訪問では、時間に余裕がなくおかわりできなかったので、再訪問しなあかんなーと書きながら思った次第でございます。

 

 皆様も近隣へお立ち寄りの際は是非まったりした時間をお過ごしくださいませー。